どんな道具が必要?〜ガーデニングを始める〜

ガーデニングを始めるのに必要な三種の神器を紹介しています


では、ガーデニングを始めるにあたって必要な道具を紹介していきましょう。まずは初級編ということで、必ず使うものから。

必要な物リスト輝く第一位は、何といってもスコップです。これがなくては始まりません。庭の土を掘るのにも、ポットやプランターに土を入れるのにも必要です。普通にガーデニングを楽しむだけならハンディサイズのスコップがいいでしょう。ホームセンターで数百円で売っています。

続いて惜しくも第二位にランクインしたのはポットないしはプランター。ポットもプランターも、価格はまさにピンキリです。デザイン性を意識したガーデニング雑貨店のは結構いい値段がしますが、普通に使う分にはやはり数百円からのがいいでしょう。材質はプラスチックが多いですが、最近はそのまま土に植えられる植物繊維製や、古紙製も多くなっています。

さらに第三位、ジョウロ(如雨露)ですね。水やり、肥料やりに欠かせません。皆さんも見たことがあるでしょう。子供の頃は、注ぎ口に付いているモノを「シャワー」とか言っていたものですが、正式には「ハス口」と言います。種や土が水の勢いで流れるのを防いでくれます。ジョウロの容量も色々ですが、1〜3リットル位が使いやすいでしょう。結局持つのは自分なので、自分の腕力と相談しましょう。

これに種、あるいは苗があれば、めでたくガーデニングライフの始まり始まり〜なのです!