ガーデニング用語3

初心者向けにガーデニング用語を解説しています。


まだまだ、ありますよ〜!

定植:ポットや花壇に苗を移し、定着させること。基本的に地表面がそれまで植えていた鉢と同じ高さになるようにします。

天然肥料:動物や植物由来の肥料。堆肥なども含まれます。その昔は人間の糞尿も肥溜めで堆肥化していましたね。当然、これも天然肥料です。これに対するのが化学肥料です。

土壌改良:土をガーデニングに適した土壌に変えること。あるいは植える植物に適するように変えること。土のph(酸度・アルカリ度)を調整したり、団粒化させるために有機物を入れたりします。

根:植物を支える下部組織。上の茎や葉を支えるだけでなく、養分を水分と共に吸収する。子供の頃に習った「ひげ根」、「主根・側根」覚えてますか?ひげ根は単子葉類(とうもろこしや米のタイプ)、主根・側根は双子葉類(双葉がでるタイプ)ということになっています。

根腐れ:植物にあまり水をやりすぎたり、肥料をやりすぎたりすると起きる症状。植物そのものも死んでしまいます。対策としては、適度な水やりを心がける事、特に寒いときは気を付けましょう。

根詰まり:ポットで育てた植物が、ポットに収まらないくらいまで生長したときに起きる症状。鉢一杯まで根が育っています。そのままにしておくと、やがて枯れてしまうので、早めに大きな鉢か花壇に植え替えましょう。