マルチプレーヤー・パンジー

パンジーについて解説しています


パンジーはヨーロッパ原産のスミレ科の花です。豊富な花色、長い開花時期が特徴です。花壇を見ればパンジー、といっていいほど愛されている花です。

和名はサンシキスミレ。晩秋から初夏まで開花時期が続きます。花色も多く、考え付くほとんどの色があります。、また単色だけでなくブロッチと呼ばれる模様が花に入る種類も多いですね。育てやすく、強く、キレイで見栄えがする。長い間愛されているのも頷けます。

パンジーは種から簡単に育てる事ができます。が、交雑種のパンジーの種は劣化し、親株より劣った株となります。人から分けてもらうのではなく園芸店などで毎年購入しましょう。固定種ならこうした心配はありません。

種は秋に蒔きます。定植は10月ごろ。日が十分当たる場所に植えましょう。日光が当たらないと花が咲かなかったり、弱い株になってしまったりします。十分に耐寒性があるので防寒は特に必要ありません。

土はパンジー用の土が市販されています。それを使うのが楽でいいでしょう。自分で作る場合には赤玉土、腐植土を7:3で混ぜます。

水は地表面が乾いたらたっぷり与えましょう。肥料も開花時には忘れずに。次々と咲くのでかなり肥料を消費します。

枯れた花は茎から折り取っておきましょう。種を作り出すと株が弱ります。