殺虫剤が効かない!?ハダニ

ハダニの害と対策を解説しています


ガーデニングで悩まされる害虫にダニも挙げることができます。もちろん、人血を吸うダニも非常に不快なものですが、ガーデニングをめちゃくちゃにするハダニ類も憎いものです。

ダニは厳密には昆虫ではなく、足が8本あるクモの仲間です。ハダニは植物の葉につき、葉の細胞を食べてゆきます。害を受けるとだんだん葉が白っぽくなり、新しい葉が出てこなくなり、最後には衰弱して枯れてしまいます。

卵から成虫になるサイクルが早く、2週間で卵を生むようになります。ですから年間10〜13回も発生するわけです。仮に一組のハダニのつがいがマイガーデンにやってきたとしましょう。一年後には・・・庭全体がハダニだらけになってしまいます。

もちろんそれは机上の空論で、実際には他の虫に食われたり自然死したりするわけですが、ハダニの繁殖力が旺盛である事は確かです。

ハダニ対策としてまずできるのは、よく注意して葉を観察し、ハダニが発生していたら葉にも水を十分にかけてやることです。葉に水をかけるのは予防にもなります。乾燥した株にハダニは来るからです。葉の裏もしっかり水をかけましょう。

市販の殺虫剤はハダニには効果薄です。殺ダニ剤を使いましょう。薬がイヤは方はアブラムシ用のデンプン散布で駆除できます。